iPhone修理 熊本

意外と知らないiPhoneの豆知識をご紹介!これで明日からiPhone博士かも スマホスピタル熊本店 iPhone修理 熊本なら熊本駅近のスマホスピタル熊本にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone修理 熊本
  • オンライン予約はコチラ。iPhone修理 熊本

お役立ち情報

iPhone豆知識

意外と知らないiPhoneの豆知識をご紹介!これで明日からiPhone博士かも スマホスピタル熊本店

[2020.03.20] スマホスピタル熊本

カテゴリー:iPhone豆知識

本日は皆様がお使いのiPhoneについての豆知識を紹介していきます。

まず、iPhoneの筐体についてです。iPhoneの筐体に使われている金属が何か知っていますか?
実はiPhoneの筐体は新たな機能の追加に伴い変化しています。その境目はiPhone 7と8です。

まずはiPhone 7までについてです。iPhone 7まで使われていたのは、アルミニウムです。アルミニウムと聞いてまず思い浮かべるものに、アルミ缶があると思います。細かい部分は異なりますが、アルミ缶とiPhone 7の筐体は同じものでできています。アルミニウムは非常に軽いため、携帯するものに使われる傾向があります。代表的な金属である鉄でもし筐体を作った場合、約三倍くらいの重さになってしまいます。また、マグネシウムという金属はアルミニウムよりも軽いので、もし使われるようになったら、さらに軽量化することができます。ここまでは、iPhone 7の筐体についてでしたが、次はiPhone 8からの筐体です。
結論から言うと、iPhone 8の筐体(の背面)はガラスでできています。なぜiPhone 7までは金属でiPhone 8からはガラスかといいますと、ワイヤレス充電が関係しております。ワイヤレス充電というのは、文字の通り、ケーブルを使わない充電方法です。これを採用するにあたって、金属があると邪魔をしてしまうため、ガラスが採用されることになったようです。

次に、iPhoneの防水性についてです。iPhoneはiPhone 7から防水性が明記されるようになりました。防水性はいくつかの等級に分かれております。iPhone 7以降の機種はIP67という等級に分けられております。これは防塵性と防水性について書かれているものです。一つ目の数字は防塵性、二つ目が防水性です。防塵性について、6等級は最も優れた防塵性であり、粉塵の侵入が完全に防護されているというものです。防水性は7等級ですが、これは二番目に優れた等級であり、一定の水圧で一定時間(30分)水中においても有害な影響がないというものです。しかし実際にはApple公式による定義づけとしては、最大水深1メートルで最大30分となっております。また、iPhone XS、iPhone XS MAXはIP68という優れた防塵性に加え、最も等級の高い防水性を有しているとされていますが、Appleからは最大水深2メートルで最大30分となっております。
しかしこれらは、常温でかつ真水を想定されていますので、注意が必要です。Apple公式からも以下の行為を控えるようにと注意がされておりますので、防水性を過信しすぎずに使用するようにしましょう。
[・iPhoneを着用したまま泳ぐまたは入浴する・サウナやスチームルームで使う
・推奨される温度範囲外、もしくは極度に湿度の高い条件下でiPhoneを動作させる]

次にご紹介するのは、iPhoneを探すについてです。名前は聞いたことあるけど、意外と使い方を知らないという方も多くいらっしゃると思います。この機能を使うためにはまず、iPhoneもしくはパソコンが必要になります。iPhoneの場合はiPhoneを探すというアプリを起動後、ご自身のApple IDとパスワードを入力後に探すことが出来ます。PCの場合は、iCloudにサインインし、iPhoneを探すを選択し、使うことが出来ます。このiPhoneを探すが出来る機能として、iPhoneの追跡、遠隔ロック、音を鳴らすことが出来ます。ただし、これらは事前に設定しておく必要がありますので、設定しておくことをおすすめしています。

次に紹介するのは、ホームボタンについてです。iPhoneといえばホームボタンというイメージがありますね。
ひとえにホームボタンと言っても、進化をしています。日本で最初に発売されたiPhoneであるiPhone 3Gのホームボタンには指紋認証機能はありませんでしたが、iPhone 5Sからは指紋認証機能であるTouch IDが実装されました。この指紋認証機能はホームボタンが撤廃されたiPhone Xよりも以前の機種(iPhone 8)まではついていましたが、実は指紋認証があるホームボタンはどれも同じというわけではありません。
iPhone 6Sまでは物理式と呼ばれるホームボタンが使われておりました。この物理式ホームボタンは、ホームボタンを押し込むことにより信号が送られ、操作ができます。一方、iPhone 7, iPhone 8は物理式ではなく、感圧式のホームボタンが使われております。感圧式のホームボタンも押すという動作をすることには変わりませんが、押し込むことにより信号が送られるのではなく、圧力を感知することで信号が送られます。これはAppleが独自に開発した技術であり、画面を押し込むことで反応する3D Touchもこの技術が使われています。感圧式の場合、実際に押し込むわけではありませんので、物理式のものと若干操作感が異なります。では、なぜ物理式から感圧式に変わったのでしょうか。これは、耐水性を高めるためであると言われております。物理式の場合、押し込む必要があるため、ホームボタンと画面の間に隙間があります。一方、感圧式の場合、隙間はありませんので、ホームボタンからの水の侵入を防ぐことができます。また、iPhone 7から耐水性についての取り組みがされていますので、物理式から感圧式にする必要があったと言えます。

いかがだったでしょうか?
iPhoneについてのちょっとした豆知識や意外と知らないことについてご紹介させていただきました。またこれからもiPhoneやAndroid端末などのスマートフォンについてご紹介していきたいと思います。
以上スマホスピタル熊本店でした。

kumamoto

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル熊本店の詳細・アクセス

〒860-0801
熊本市中央区安政町2-27
セネタースビル 3F

営業時間 11:00〜21:00(定休日なし)

電話番号 096-327-2300

E-mail info@iphonerepair-kumamoto.com

オンライン予約 スマホスピタル熊本店 WEB予約 >>

一覧に戻る

096-327-2300 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone修理 熊本

お問合わせはコチラ iPhone修理 熊本

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone修理 熊本
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone修理 熊本
  • 学割キャンペーン iPhone修理 熊本
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone修理 熊本
  • 修理内容一覧 iPhone修理 熊本
  • 修理価格一覧 iPhone修理 熊本
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル

新着iPhone修理ブログ

  • 画面割れならスマホスピタル熊本店で画面交換しましょう!転んでバキバキにガラス割れしてしまったiPhone 7も大丈夫!最短30分で修理できます。

    [2020.10.26] スマホスピタル熊本

    iPhone 7の画面交換ならスマホスピタル熊本店へ! スマホスピタル熊本店ならiPhoneの画面交換で最短30分、バッテリー交換なら最短で15分とスピーディーに修理を終えることができます。データも基...

  • バッテリーの劣化はセルフチェックが出来る!その方法をご紹介します!iPhone8のバッテリー交換ならスマホスピタル熊本店へ

    [2020.10.25] スマホスピタル熊本

    iPhone修理でお馴染みのスマホスピタル熊本店です。本日はiPhone8のバッテリー交換修理を致しましたのでご紹介したいと思います。 iPhone8は2017年の9月12日にApple社から発表され...

  • iPhone XSのバキバキの画面を交換修理でピカピカへ!スマホスピタル熊本店

    [2020.10.24] スマホスピタル熊本

    本日はiPhone XSの画面交換修理です。 地面へ落とされてしまい、画面が割れてしまったとのことで修理依頼をいただきました。 iPhone XSは2018年9月に発売された端末で、搭載チップはA12...

修理速報