iPhone修理 熊本

iPhoneの水没について、スマホスピタル熊本店が実際のiPhone 6Sの事例をもとに紹介していきます! iPhone修理 熊本なら熊本駅近のスマホスピタル熊本にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone修理 熊本
  • オンライン予約はコチラ。iPhone修理 熊本

修理速報

iPhoneの水没について、スマホスピタル熊本店が実際のiPhone 6Sの事例をもとに紹介していきます!

[2020.06.15] スマホスピタル熊本   水没復旧修理 iPhone 6s

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル熊本店では、即日対応でiPhoneシリーズやAndroid端末、タブレット端末、ゲーム機器の修理依頼も承っております。

さて。今回ご紹介するのはiPhoneの水没復旧修理についてです。実際に修理依頼を頂いた事例を元に紹介していきます。

皆さんはiPhoneやスマートフォン、様々な端末を水没してしまった!という経験はありますか?水没しても濡れたところを拭いてしっかり乾燥すれば大丈夫!とお考えの方が大半ではないかと思います。しかし、iPhoneやスマートフォンなど精密機器にとって水没というのは非常に致命的なものになります。

動画サイト等で、新しいiPhoneが発売されると以前のiPhoneと比べると防水機能が上がったということを検証するために、「新しいiPhoneを全色水没させてみました!」みたいな動画をよく見るのですが、あの行為は非常にマズイ行為です。
実際にやってしまうと水没してしまい高いお金を出して買ったiPhoneがすぐに使えなくなりますので、エンターテインメントの一環として、「なんか面白い実験やってるな~」くらいの感覚で見るのが正解かと思われます。開封直後の新品をそのまま実験……ではなく、実は強力な防水コーティングを施し、編集でカットしているだけではないでしょうか。ノーカット生放送でもない限り、視聴者がそれを確認することはできません。ちなみにコーティングが強力すぎると排熱に悪影響が出てしまいます。
確かにiPhone XSやiPhone XR等、以前のiPhoneに比べると耐水性能が実際に上がった機種が最近では発売されており、皆さんお使いになられているかと思います。
実際最近発売されているiPhoneの耐水機能を上げている構造として簡単にご紹介すると、「画面と本体フレームの間に貼っている粘着テープが強くなった」「ホームボタンの仕様変更」「ホームボタンやイヤホンジャックをなくす」「SIMトレーにゴムパッキンを付ける」などiPhoneが新しくなるにつれて様々な防水性能を高める構造になってきました。しかし実際のiPhoneの耐水機能としては画面の表面に水がかかってしまった程度、軽く水がかかってしまったなど生活防水の機能しかないので完全に水没してしまった場合には防げません。
iPhoneに防水機能がついていると思って、水の中の写真を撮りました、シャワーを浴びながらiPhoneで電話しました、雨に濡れただけで電源が点かなくなりました、など様々な理由でスマホスピタル熊本店に水没復旧作業をご依頼で頂く事が多々あります。iPhoneを海やプールなどで必要以外に使うのは控えましょう!

それでは実際にお持ち込み頂いた水没の事例をご紹介していきます。今回スマホスピタル熊本店にお持ち込み頂いたのは、iPhone 6Sでお風呂で使っていた時にふと湯船に落としてしまい、電源が点かなくなってしまったというお客様でした。落とした時にすぐに取りだして水分をふき取り、インターネットに書いてあったお米の中につけるという作業をされたそうですが、一晩経ってもつかずご来店頂きました。中に入っている写真がどうしても欲しいということで水没復旧をご依頼されました。水没復旧に入っていきます。

s__282411015

一枚目の写真は画面を開けて見える分の水分をふき取った後の写真になり、右上の方に赤いシールがあると思います。これがiPhone本体に水没歴があるかないか確認することができるシール、液体侵入インジケータというもので、もともと白色をしており水滴が当たると赤色に変わるようになっております。
iPhone 6Sの場合はこの位置にありますが、各iPhoneごとにインジケータの場所は違います。簡単に見ることができるのはSIMトレーを外したところにあるインジケータで、ここはiPhoneを分解せずに確認ができるのでもし気になった方は調べてみましょう。表面上の水分を拭き取ったらメイン基板を取り外していき、取り外せたらメイン基板を洗浄して乾燥させていきます。
水没の処理として一番有効なのが自然乾燥です。なのでしっかりと乾燥させて後日組み上げを行いました。元のパーツで組み上げたところ、電源が点かなかったため新しい画面とバッテリーを試しに仮付けを行い起動したところ、電源が点きました。iPhoneは基本的に電源を点けるために必要なパーツとして、メイン基板、バッテリー、画面、スリープボタンがあり、この4つが正常であれば電源は点きます。(この調べ方は電源が点くかどうかだけのチェックです。)
もしも新しいパーツを水没した基板につけて反応がなければ、この時点でメイン基板の損傷により電源が点かないことがわかります。今回はバッテリーの仮付で電源が点き、そのままホーム画面に進んでいき動作に問題なくデータも抜くことができる状態でした。
その後お客様に連絡してバッテリー交換をされるか伺い交換してお返しさせていただきました。再度ご来店いただきiPhone 6Sを見せたところ電源が点いていることを確認され安心されていらっしゃいました。
水没端末は基本的に、復旧ができた場合でもその後長年使えるという保証はないので、水没してしまった場合には機種変更をお勧めします。
iPhone・スマホ修理のスマホスピタル熊本店では今回ご紹介しましたiPhone 6Sの水没復旧以外にも、Nintendo SwitchやiPad、スマートフォンの水没復旧も承っております。これからの季節、プールや海水浴など水没してしまったということが多くなる季節ですので、水没で悩まれた場合はスマホスピタル熊本店までお問い合わせくださいませ。

kumamoto

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル熊本店の詳細・アクセス

〒860-0801
熊本市中央区安政町2-27
セネタースビル 3F

営業時間 11:00〜21:00(定休日なし)

電話番号 096-327-2300

E-mail info@iphonerepair-kumamoto.com

オンライン予約 スマホスピタル熊本店 WEB予約 >>

一覧に戻る

096-327-2300 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone修理 熊本

お問合わせはコチラ iPhone修理 熊本

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone修理 熊本
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone修理 熊本
  • 学割キャンペーン iPhone修理 熊本
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone修理 熊本
  • 修理内容一覧 iPhone修理 熊本
  • 修理価格一覧 iPhone修理 熊本
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル

新着iPhone修理ブログ

  • ゴーストタッチで使用不可になってしまったiPhone8もスマホスピタル熊本店におまかせ!3ヶ月のパーツ保証付きで安心のアフターサービス!

    [2020.09.25] スマホスピタル熊本

    本日修理ご紹介致しますのはiPhone8の画面交換修理です。 iPhone8は2017年9月12日にappleから発表され、同月22日に発売されました。iPhoneXとの同時発表で、Xに比べ速い販売開...

  • 落下衝撃により画面割れ・ゴーストタッチなどの症状が出てしまったiPhone 8!?iPhoneの画面交換修理は最短30分で承っております!【iPhoneのパスコードを何回間違えるとアウトなのか】についてもご紹介しております!

    [2020.09.24] スマホスピタル熊本

    iPhone修理スマホ修理でお馴染みのスマホスピタル熊本店です。本日は半年前に一度iPhone 8を落としてしまい、昨夜再度iPhone 8を落としてしまったお客様から来店がありました。 お客様の端末...

  • 知らない内に割れてしまっていたiPhone XSのカメラレンズ。スマホスピタル熊本店で40分ほどで修理完了!最後にガラスコーティングのご紹介も!

    [2020.09.23] スマホスピタル熊本

    本日ご紹介するのはiPhone XSのカメラレンズ交換です。 普段使っているスマートフォンにケースを付けたりして使用されている方多いと思いますが、落とした時に背面や画面ではなく意外なところがガラス割れ...

修理速報